モノ好き男のブログ

hamtan8695.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 04日

パネライ オーバーホールの見積もり

先日、依頼したPANERAIのPAM00051のオーバーホールの件ですが、店舗から見積もりの連絡が来ました。なんと8万円オーバー!!油切れを起こしているとか色々とあるようですが、高いなぁ~。噂には聞いていましたが。しかも、ブレスのコマにサビ等の腐食があり交換が必要、とのこと!どうも付けていて外れてしまう寸前だったとか。酷使したからな~。一コマ26,000円で二つ交換。ちなみにこのブレス、現在は扱いが無いらしく国内には存在しない、とのこと。スイスに問い合わせたらパーツはあったようですが一か月半~二か月はかかるらしいです。時間はかかりますが他の時計もあるし、まぁ、良いか。この時計を気に入っている理由は、40mmという付けやすい大きさもありますが、やはり、このブレスのデザインと質感の良さですからね。

しかし、修理で10万円オーバーはキツイですね。秋冬物は、セールまでおとなしくしようかな。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-09-04 21:25 | その他 | Comments(4)
Commented by まつしゅう at 2014-09-05 11:44 x
私はインターの婦人用アンティークを持っています

竜頭巻き芯の修理で10万円の見積もり受けたましたが(正規修理)


国内の修理屋さんで、製作→修理してもらいました
(見積の半額、正規外)

ミリ単位の誤差があっても我慢して手巻きしています


長く使う前提なら安いですが

私もこの趣味は長いので、8695さんのジレンマは良く理解できます

ちなみに、私の愛用は普段にセイコー4S自動巻き、特別に9Sグランドセイコー、オールドインター自動です


パネライは雑誌でしか見た時ありませんが、惹かれる何かを感じました
Commented by hamtan8695 at 2014-09-05 13:25
まつしゅうさん、コメントありがとうございます!
インターのアンティークとは、渋いですね~。やはり正規の値段は高いんですね。
今回修理依頼したものは、当時で定価70万くらいですから、ちょっと高すぎるかな~と思いますね。

パネライって時計通の方でも好きな方が多いようです。40mmサイズの時計は多いですが雰囲気やゴツさなど全然違います!もともと、44mmが基本のブランドですからね。
Commented by まつしゅう at 2014-09-05 17:47 x
別な見方では、修理できるだけ良しとしましょうね


そして、時計趣味人からの日本経済、構造の弊害を発信しましょう

ちなみに、19GS婦人、61GS、61GSスペシャルも所有しています
(実働、状況良)
Commented by hamtan8695 at 2014-09-05 20:23
確かに修理できるだけ良いかもしれませんね!出来なかったら使えないですからね。飾っておくものではないですし。
グランドセイコー、色々とお持ちなんですね~。
さすがですね~!


<< 2014A/W モンクレール値上げ      2014.9 ビームス ダブル... >>