2016年 10月 24日

2016A/W スティレ ラティーノ その3

BEAMSと伊勢丹以外のStile Latinoですが、UAとESTNATIONにも入荷がありますね。UAはかなり種類が少なく、スーツではピークドラペルのモデルでした。ネイビー無地でなかなか洒落てましたね!確か28万だったかな。エストネーションは、ジャケット、スーツ、コートがありました。コートは、生地のグレードがかなり高く30万オーバーです。ただ、肌触りも良くカッコ良かったですね。キャメルとあと一色(なんだったかな?)がありました。ジャケットも少しありましたね。ただ、25~26万とビームスより高い印象です。
ボリューム的にはビームスが一番多く、次に伊勢丹ですね。特に伊勢丹は、オーダー会も開催したこともあり、今後は品数を増やすかもしれませんね。チェルッティの生地でスリーピースとかヴィンツェンツォさんご自身が選んだ生地のスーツとか通常には無い物がありましたからね。伊勢丹は、パワーありますね。
ストラスブルゴも展開するし、むしろやらないセレクトショップの方が少なくなりそうですね。まぁ、色々な所で展開すれば、比較できますし手に入りやすくなりますからね。消費者側からすると良い面もありますね。

[PR]

by hamtan8695 | 2016-10-24 18:46 | その他 | Comments(6)
Commented by latino好き at 2016-10-25 00:18 x
hamtanさん、こんばんは!お久しぶりです!!
ラティーノはたくさんのところで展開されるようになりましたね。今季はビームス以外はちゃんと見てませんが、これだけ扱いが増えると色々チェックしてみたくなりますね。
私は、今季は様子見でセール時にいいものがあれば検討したいと考えています。
しばらくおとなしくしておりましたが、今ビームスのグレンフェルのコートが気になっております。hamtanさんも気になっていらっしゃるあれです笑
形自体が珍しいですし、作りもしっかりしていて服好きには刺さる一品かなと思います。予約もかなり入っているようですが、hamtanさんはどうされますか?
Commented by hamtan8695 at 2016-10-25 01:01
> latino好きさん
こんばんは!コメントありがとうございます!お久しぶりです。
ラティーノは、色々な所で見かけるようになりましたね~。まぁ、ドレス系で高額品だとラティーノくらいしかプロパーで売れないのですからしょうがないでしょうね。選択肢が増えたのでビームス以外でも見れるのが嬉しいところです。ビームス以外は、今期物でもセールに欠けるでしょうから狙い目ですよね。エストネーション、UAあたりが良いかもしれません。伊勢丹も遅いですがセールになるでしょうし。ただ、UAとストラスブルゴはサルトリオが同価格帯で展開しているので、競合しちゃいますね。まぁ、やっぱりラティーノなんでしょうけど。
しばらく大人しくされてたんですね!私は、コート以外も大物を逝ってしまいましたので、なかなか厳しい状況です・・・。latino好きさんもビームスのグレンフェル、気になってたんですね!さすがお目が高い(笑)グレンフェルは英国ブランドでトレンチだけかと思っていましたが、意外や意外、珍しいものも展開しているんですよね。もっとも、本国では普通に展開しているようでネットでも色違いとか見ました。まぁ、ビームス別注のはライニングはBEGGですので惹かれますね~。見えないですけど(笑)仰る通り英国ブランドらしく造りもしっかりとしており、服好きにはたまらないですよね~。聞いたところでは、かなり予約が入っており、しかも引き取られているようです。Beginのクーポンが効いているのかもしれません。私はですね、一応、予約しました(笑)Beginも買いました(笑)とは言え、20万ですからね。コットン素材でウールじゃないですし・・・。店員さんに聞くと、「コットンとは言え高密度で風を通さないですし、袖裏もコットンで表生地との間に空気を少し含むので防寒性は意外と高いと思います」とのことでした。BEGGのライニングもよくある取り外しの出来るコートとは違い長めなので、保温性も高いそうです。
ラティーノとかのウールでチェスターコートはすでに何枚か持ってますし、ダウンもモンクレールとムーレーがあるので、ちょっと違うタイプが欲しいなぁ、というのも理由ですね。メンズプレシャスも買って見てますが、ラティーノのスーツと合わせていて、これがまたカッコ良いんですよね~。何度も見てます(笑)これを逝くとセールでは厳しいことになりますので悩みどころです。サイズも2サイズ予約してないの
Commented by ポコ at 2016-10-25 09:08 x
hamtanさん、連投失礼致します。
確かにラティーノは取扱店は増えましたね。
一方でビームスや伊勢丹等の大手ではなく、個人で昔からやっていたセレクトショップでは取り扱いを止める店もあるようですね。そのようなお店では大手が取り扱い始めるかなり前から展開していたとしても、伊勢丹等の大手の購買力や価格の高騰、あとは何より昔からの顧客が取扱店が増えすぎたことを嫌がるようになった等が要因のようです。
私はあまり拘りはありませんが、昔からファンだった一部のお客さんが離れていってしまう信条も分かるような気はします。
願わくばラティーノ自身が自らのスタイルを曲げないことでしょうか。来シーズンはさらに取扱店が増えるようなことを聞いておりますが、各ショップが差別化を図り型紙にまで手を加えようとしないか気掛かりです。
そうは言っても選択肢が増えるのは客にとって良いことであるのは間違いないですね。
Commented by Cornelius at 2016-10-25 22:04 x
こんばんは

ラティーノの扱いは今季そんなに増えていたんですね。エストネーションはジャケット類に小さいサイズ展開がなく、
見ていませんでしたが、既成で30越えは中々強気ですね。少々お高くなりましたが、伊勢丹でオーダーしておいて
正解だったかなと感じます。(笑
ただ、ここまで取り扱いが多くなると、質と値段のバランスが悪くなってしまう点が危惧されますね。
アットリーニのセカンドとして絶妙の立ち位置がラティーノの魅力かと思いますし、今夏ナポリを訪ねて
感じたのですが、フルハンドの一流サルトで30万出せば、かなり良いものが仕立てられることを考えると、
生地代が上昇しているとはいえ、ちょっと上がりすぎだなと・・・
まぁ日本でオーダー会を開催すると、現地価格の倍以上となるので、飛行機代や滞在費を考えても時間が許せば
観光ついでにナポリ行ってしまうのがお得かもしれません。ご飯も美味しいですしね(笑
シャツ屋さん(アンナマットツォ)など「型紙があるので生地さえ選んでくれれば日本からいつでも
オーダー出来るよ」とセールスのメールが来ました。商売も上手いようです(笑
Commented by hamtan8695 at 2016-10-25 22:26
> ポコさん
コメントありがとうございます!ラティーノは、一時期のラルディーニを見ているようですね。セレクトショップでの取り扱いが増えたと思ったら、次はネットショップ、という具合ですね。個人でやっていたセレクトショップでは取り扱いを止めるところが出てきているのですか。独自のセンスでかなり前から展開していたとしても、資金力を持つ大手が入ってくれば融通も利かなくなるでしょうし、価格も高騰しますからね。そうなれば、やっぱり顧客は嫌がりますし、結果的に止めちゃうでしょうね。私は良い物は欲しくなるのでそれほど気にしませんが昔からのお客さんからしてみれば、離れてしまうのかもしれないですよね。ショップや雑誌等の受け売りではなく自身で良い物だと思って購入していたのですからね。
ポコさん、流石です!仰る通りです!自らのスタイルを曲げないでほしいですよね~。競合店が増えれば、‟ウチはこういうことが出来るぞ!”といった感じで差別化を図り、変にいじってしまうのが気掛かりですよね。選択肢が増えると色々と比較対象が増えるので嬉しいことでもありますが、その中から良い物を見極めていく必要がありますからね。ただ、品数が増えると、元々高価格帯なので在庫が残りセールになるっていう悪循環に陥る可能性もあるので難しい所です。セールでいつも買えるようになるとブランドイメージも毀損しますからね。これから大丈夫かな・・・。
Commented by hamtan8695 at 2016-10-25 22:43
> Corneliusさん
こんばんは!コメントありがとうございます!
ラティーノ、かなり増えてますよ。エストネーションは、以前もそうでしたが強気の値段設定が多いですね。在庫が多いと物によってはアウトレットで一気に下げるようですが。30超えの既成なら、オーダーの方が良いと思います。伊勢丹でオーダーして大正解でしたね!
そうですね~、単純に各店からのオーダー数が増えてますからね。工場の稼働状況を考えるとそれほど増やせないでしょうから、質と価格のバランスは気になりますね。アットリーニとしてのセカンドとしての立ち位置は、なんとなくですが、もう考えていないような気がします。アットリーニとラティーノは、仲が悪いと聞いたことがあります。どういった具合なのかは定かではありませんが・・・。
ナポリでのオーダーは憧れですが、30万で一流サルトで良い物が仕立てられるのですか!う~ん、生地代が上がった、とは言いますが、革に比べればそうでもないでしょうし、確かに上がりすぎですかね。マシンとハンドがどちらが良いとかの見方は置いておくとして、ほぼマシンで仕上げているのは、工業製品として生産力を上げるというのが第一義でしょうから、短時間で出来るものがより高価格で売れればコスト削減は莫大ですよね。
やっぱり、観光ついでにナポリに行っちゃうのがお得かもしれなですね!ご飯も美味しいならなおさらですね。シャツブランドでマットツォとか日本からでもオーダーできるのですか!商売上手ですが、お得感ありますね。Corneliusさんが、今まで行っているということも大きいのではないでしょうか。羨ましい限りです!


<< ビームス別注 グレンフェルのコ...      2016.10 バーニーズニュ... >>