モノ好き男のブログ

hamtan8695.exblog.jp
ブログトップ

タグ:JOHN LOBB ( 85 ) タグの人気記事


2014年 10月 27日

ジョン ロブ丸の内店 移転オープンのお知らせ

丸の内店からハガキが来ました。現在のジョンロブ丸の内店は10月27日をもって閉店となり、10月31日より移転オープンだそうです。新しい店舗は旧店舗の向かいにある国際ビル1Fで丸の内仲通りに面しているようです。早いもので2005年に丸の内店がオープンして、9年間経ったんですね~。(まぁ、その間随分値上げとなりましたが・・・。)
仲通りに面しているのでお客さんも入りやすくなるかもしれませんね。店長さんも六本木店から戻っているみたいです。オープンしたら行ってみようかな・・・。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-10-27 23:52 | その他 | Comments(2)
2014年 10月 04日

ジョン ロブ2014 イヤーモデル

今年もファン待望のイヤーモデルが発売されます!今回は、内羽根のキャップトゥ。昨年は外羽根のタイプでしたね。ラストは、7000です。素材はカーフでスエードは無いみたいです。デザイン的な特徴としては、3アイレットなことですね。アイレットの間隔が広めです。昔、ラッタンジやサントーニあたりであったような気もしますが・・・。まぁ、ラストはキレイですし、現物を見ればカッコイイのかもしれないですね~。

ちなみに価格ですが26万円くらいです。この値段ならJ.M.Westonのハントダービーを買ったほうが良い気もしますが、今だと在庫が無いかな。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-10-04 01:21 | その他 | Comments(4)
2014年 09月 24日

ジョン ロブ ジョッパー2

今やロブ恒例となった“2”シリーズ。JODHPUR2が発売してました。8695ラストではなく、お決まりの7000ラストです。確かごく短期間ですがJODHPURで7000ラストでの展開もありましたね。甲の辺りに切り返しがあり、一枚あたりの革の面積が小さくなってます。WOBURNにちょっと似てますね。さすがに大きく革を取ることが難しくなってきたんだろうなぁ。JODHPURでのバイリクエストは、今後はリストに載らないかもしれないですね。今年も無かったようですし。
ちなみにこれは、SOVEREIGN HOUSEで見ました。値段はプレステージラインと同じ23万円ちょっとでした。UAのロブって、直営店となんか違いますよね。独自に入荷してるんでしょうけど、微妙にモデルがかぶらないんですよね。同じモデルでも革の素材が違ってたりします。そういえば銀座店のロブは、無くなりましたね。どうも売れてなかったみたいです。以前より縮小されてたしなぁ。売れないなら止めろ、ってロブに言われたのかな・・・?さすがに値段が上がりすぎなんでしょうね。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-09-24 01:11 | その他 | Comments(4)
2014年 09月 14日

ジョンロブ ダービー3 その2

2014AWでいよいよDARBY3が発売になるようです。ラストは7000です。DARBY2は8695でしたのでシャープな雰囲気になりますね。アイレットも5から4に変更されます。これは、どうなんだろうなぁ。実物を見てみないと何とも言えませんが・・・。で、DARBY2は廃盤になります。まぁ、廃盤になってもバイリクエストがあるのでなんとかなりますけど。ただ、CITYのようにバイリクエストでも受け付けない、ってことになると困りますね。みんな7000ラストになっちゃうなぁ。
[PR]

by hamtan8695 | 2014-09-14 16:50 | その他 | Comments(8)
2014年 09月 01日

ジョンロブ ワーウィック ダービー

名品WARWICKですがローファーが出て、やはりというかダービーが出るようです。2アイレット仕様でウイングのデザイン等はそのままです。外羽根タイプの靴は好きなので、なかなかカッコイイと思いますが、やはり、内羽根のWARWICKの方が良いかな。
靴のデザインは、下手にいじるとバランスを崩しますからね~。特にロブのような歴史あるブランドだと履き捨てる靴ではないので、完成度の高いデザインじゃないとなかなか買わないですよね。やはり、7000ラストが出たあたりのモデルが名品揃いかな。
[PR]

by hamtan8695 | 2014-09-01 20:30 | その他 | Comments(8)
2014年 05月 06日

2014 ジョンロブ BY REQUEST 開催中! その2

先日、バイリクエストに行ってきました。思ったより制約がありますね。
プレステージラインでは素材の選択肢が少ないです。WARWICKは残念なことにミスティカーフの4色のみ。PORTMANはスエードとミュージアムカーフ。NASEBYはロードカーフやオックスフォードカーフは選べますがスエードは無し。う~ん、少ないなぁ。
反面、クラシックラインは革とソールの選択肢がやたらと多かったですね。おなじウイングチップでも内羽根のMARSHALLはミディアムウェイト、外羽根のDARBY2はヘビーウェイトといった違いはあります。ただ、意外なのが内羽根モデルでもダブルソールが選べるんですよね。昔はダメだったような・・・。ミスティカーフやミュージアムカーフでダブルソールは合わないと思いますがバッファローならいけそうですね!
選べないモデルもあって、ダブルモンクのDERWENT、セミブローグのSEYMOURは、無かったです。DERWENT、欲しかったなぁ。そういえばJODHPURとMATTA2も無かったかも。今回、見て思ったのはモデルがかなり多いですよね。いつのまにこんなに増えたのか・・。

某店員さんに聞きましたが、「昔から好きで昔のモデルをオーダーする方と、最近になって好きになり最近のモデルを買う方と分かれているみたいです」とのこと。個人的には、1105ラストが出たあたりからちょっと方向性が変わってきたかな、と思います。

正直、WARWICKの選択肢がここまで少ないと思わなかったので、もう少し考えてから、行ってみたいと思います。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-05-06 01:19 | その他 | Comments(2)
2014年 04月 28日

2014 ジョンロブ BY REQUEST 開催中!

BY REQUESTが開催されてますね~。いまだに、どのモデルにするか決まっていませんが、雑誌MEN’S Precious Spring号に気になる記事が掲載されてました。名作木型『8695』によるウイングチップの紹介です。ブーツのGloster<グロスター>、外羽根のDarby2<ダービー2>、内羽根のMarshall<マーシャル>です。良く見ると3型ともトゥの穴飾りが違うんですよね。グロスターが一番シンプルかな。ジョンロブのウイングチップって、なんともいえない良さがありますね。他にも8695ラストモデルの紹介がありました。個人的に好きなラストですが、やはり名作揃いですね!
ただ、ダービー2は18万でマーシャルとグロスターが195,000円。ブーツのグロスターは分かるとしてもマーシャルはちょっと高すぎな気が・・・。コレ、本体価格ですからねぇ。ダービーやエイボンをオーダーした2008年頃は、147,000円~168,000円くらいだったよな。ツリー付きで造りの凝ったプレステージラインとあまり変わらないんですよね。よく分からない価格設定だな~。

そういえば、この期間のスペシャルメニューですが、定番6モデルでライニングをレッドにステッチをグレーに変更できるようです。まぁ、ライニングは履いて入る人にしか分からないものですけど、こういうのって好きな人も多そうです。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-04-28 15:35 | その他 | Comments(4)
2014年 04月 07日

2014 ジョンロブ BY REQUEST 開催!

今年も恒例の「BY REQUEST」フェアが開催されます。ただ、昨年の時と違い、大幅な価格改定があり、しかも増税後なのでかなり割高感がありますよね。値上げ幅が少ないモデルでも25,000円前後の違いがありますからね。
WARWICK、NASEBY、PORTMAN、WESTMINSTER、DARBY2、MARSHALL、あたりのどれかでオーダーしたいですね。ブーツは、ちょっと高すぎるからなぁ。丸の内店の店員さんに聞きましたが、フルブローグは数少ないのですが、MARSHALLは良いですよ、とのこと。8695ラストのDウィズなら、履きやすいですし、バランスも良いですからね。
さて、どうしたものか・・。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-04-07 00:37 | Comments(4)
2014年 03月 17日

ジョンロブ ダービー3

14A/Wの新作としてDARBY3が7000ラストで出るようです。そろそろかな~、と思っていましたが。今は、DARBY2が8695ラストでありますが、こうなってくると廃盤になってしまうかもしれません。もしくは、CITYのようにバイリクエストでも8695ラストではオーダーできなくなってしまうかもしれませんね。う~ん、マズイなぁ。今回のバイリクエストはDARBY2にするか。

色々と聞きましたが、ジョンロブは7000ラストを主軸としてやっていくみたいですね。ツリーも7000ラストに合うように作っているみたいですし。確かに見た目はキレイですからね~。たぶん売り上げも良いのでしょうね。あとは、個人的に思うのですが、生産効率を上げるためなのかもしれませんね。同じラストの靴であれば、やりやすいのかも。ただ、最近のモデルを見てると、同じ7000ラストでも形がちょっと違うように感じます。以前のものに比べ、トゥに対し、アウトサイドのカーブが無くなり、代わりにインサイドがカーブしているように感じます。上から見るとさらに尖った感じですね。まぁ、大き目な木型ですので見た目もよくなりフィット感も上がった気もしますが。

あまり変わらない良さ、ということでいえば、J.M.Westonなのかな、と思います(革質は違うかもしれませんが)。値段も良心的だし、造りもしっかりとしてますからね。品質も一定で個体差も少ないように感じます。何か買おうかな・・・。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-03-17 00:53 | その他 | Comments(0)
2014年 03月 10日

靴の個体差

先日、伊勢丹にてジョンロブの靴を何足か試着してきました。同サイズ同ウィズの靴を履き比べてみると明らかにフィット感が違う・・・。上から見てもソール面を見ても長さは同じですが幅やシルエットが違ってました。羽根の閉じ具合も・・・。アウトラインのふくらみがある物と無い物の差がありますね。ツリーが新旧とで違っていましたので造られた時期が違うようです。判別ですが、“MADE IN ENGLAND”の刻印がソール面にあってインソックに無い物が古く、インソックにあってソール面に無い物が新しいのかな、と思います。個人的な見解ですが、新しい物の方が細いですね。ヒールなども小さいです。手持ちの靴を比べてもベージュの箱のモデルもそうですが古い物の方がソールやヒールなども広めですね。ただ、同じ時期に作られていたとしても微妙に違ってたりしますけどね。
店員さんに聞きましたが「人が作る部分が多いので、たとえば釣り込みなどでも多少の差が出てくると思います。工業製品ではない難しさがありますよね。あとは、どのブランドでも考えられますが時代によって同じラストでも微調整があるようです」とのこと。クロケットやチャーチなどは、意外と個体差が無いですね。そういえば、昔聞きましたが、ジンターラなどは左右でサイズ感が違うものがあったみたいです。まぁ、イタリア人らしいですね。手作業の割合の差が、個体差となって出てくるのかもしれないですね。
ただ、インポートの靴は、結構なお値段ですので、あまり差があるのも困りものですけどね。ちなみに、山長などの日本ブランドは、こういったことはほぼ無いそうです。さすが、日本人ですね~。キッチリとしてますからね。

[PR]

by hamtan8695 | 2014-03-10 20:51 | その他 | Comments(4)